洋服のお直しで使われるステッチとは?基本ステッチを紹介

公開日:2024/05/15
洋服のお直しで使われるステッチとは?基本ステッチを紹介

洋服のお直しでステッチを使ってみたいけれど、ステッチは種類が多くて分かりづらいと悩んでいませんか。そこで本記事では、そのような悩みを払拭すべく、洋服のお直しで使われる基本ステッチについて紹介します。洋服お直しのバリエーションをより豊かにするための参考にしてください。

基本ステッチの種類

刺しゅうにはさまざまな縫い方のステッチがあります。ここでは、よく使われる代表的な基本ステッチについて紹介します。

ランニングステッチ

ランニングステッチは、服の縫製にも使われる最もスタンダードなステッチです。図案を点線でなぞり、線幅を揃える直線のステッチで、初めて挑戦するステッチや練習に適しています。

バックステッチ

バックステッチは、ランニングステッチとは違い、線幅がなく点線にせず直線で仕上げます。イニシャルの文字を縫ったり、絵のデザインを縫ったり、アイテムを作ったりと万能なステッチです。

アウトラインステッチ

アウトラインステッチは、縫い目がロープのように見える立体感あるステッチです。直線にも曲線にも使えるため、イラストを描くのに適しています。アウトラインというだけあり、図案の外枠に使われることもあるステッチです。

サテンステッチ

サテンステッチは、表面にツヤが出るデザインが特徴のステッチです。イラストにツヤを持たせたかったり、立体的に表現したかったりする場合にはサテンステッチを使いましょう。

チェーンステッチ

チェーンステッチはその名の通り、鎖やチェーンのような模様が特徴のステッチです。小さな輪っかを繰り返して刺していき、曲線やカーブを描きます。デザインを縁取ったり、強調したりするときに重宝されます。

ステッチの基本テクニック

刺しゅうのテクニックを身に付けたいけれど、何から手を付けていいか分からないという人も多いのではないでしょうか。そこでここでは、ステッチの基本テクニックについて紹介します。

文字や図案をステッチの線でトレースする

ランニングステッチやバックステッチを使いこなし、文字のデザインや図案をトレースすることで、ステッチの基本テクニックが身に付けられます。技術的に難しくはなく、綺麗にトレースできれば、シンプルでレトロな作風に仕上げられます。トレース作業は本人のアイデア次第でさまざまなことに挑戦でき、初心者におすすめの基本テクニックです。

クロスステッチでデザインの幅を広げる

ランニングステッチやバックステッチは点線や直線で縫い進めますが、クロスステッチは、ひと目ごとに糸をクロスさせて縫い進めるステッチです。クロスステッチによりデザインの幅が広がり、デザイン性の高い作品が作れます。小さなイラストを再現したり、大きなデザインを作ったりと点線や直線では表現できなかったことも、クロスステッチであれば可能です。

サテンステッチで作品を美しく仕上げる

サテンステッチとは、糸を使って塗りつぶしていくイメージのステッチです。1か所に集中して糸を刺すことで独特の光沢を持たせ、鮮やかな見た目で唯一無二の作品に仕上がります。また、立体的になるのが特徴のステッチのため、高価でゴージャスな印象です。サテンステッチを使いこなせれば、デザインの幅が広がり、さまざまなデザイン刺しゅうに挑戦できます。

ステッチの応用テクニック

ここまでは、基本的なステッチとテクニックについて紹介してきました。ここからは、本格的なステッチの応用テクニックについて紹介します。

コーチングステッチ

コーチングステッチは、布の上に置いた糸を別の糸で縫い止めるステッチです。コーチングステッチの特徴は、2本の針を同時に使い面を埋めるステッチではなく、飾り線や文字刺しゅうに応用されることです。芯となる糸には、毛糸や麻糸、毛足の長い糸など、多様な糸が使えます。

ストレートステッチ

ストレートステッチは、直線を描くように刺す作業を繰り返し、面を刺し埋めるイメージのステッチです。ストレートステッチは、丸く放射線状に縫い花柄を表現するためサウザンドフラワー・ステッチとも呼ばれます。また、針目の長さをランダムにして、自然な仕上がりを表現できます。

タンバリンステッチ

タンバリンステッチは、中心から外側に向かい円を描いていくステッチです。ステッチを中心から放射線状に広げていくのが特徴で、小さなシミの上に刺しゅうしたり、傷んだ洋服を縫ったりして洋服を長持ちさせる技法のひとつです。

ブランケットステッチ

ブランケットステッチは、ブランケットである毛布の端に使われます。縫い始めは生地の裏から針を刺し、ひと針ずつ、針に糸をかけながら縫い進める技法です。ブランケットステッチは、生地の表から見たときに、縫い目が垂直になるように仕上げます。

まとめ

今回は洋服のお直しで使われるステッチとして、基本ステッチを紹介しました。基本ステッチの種類には、ランニングステッチやバックステッチをはじめ、さまざまなステッチがあります。また、ステッチの基本テクニックには、文字や図案を線でトレースしたり、クロスステッチでデザインの幅を広げたり、サテンステッチで美しく仕上げたりする技法があります。

さらに、本格的なステッチの応用テクニックであるコーチングステッチやストレートステッチ、タンバリンステッチやブランケットステッチなどを駆使して高度な刺しゅうをすることも可能です。洋服のステッチで困ったときは、ぜひこの記事にある内容を参考にしてください。まずは気軽に基本ステッチから挑戦してみてはいかがでしょうか。

迷った方にはこの洋服お直し屋がおすすめ!

CoCoton(ココン)

CoCoton(ココン)

CoCoton(ココン)は、宅配サービスと24時間利用可能な店舗ポストがあるので、いつでもどこでも依頼ができます。他店で断られた修理や特殊なリクエストにも対応可能。料金は明確で、一般的な修正から破れ直し、パーツ交換まで幅広く対応。リメイクオーダーも受付中。LINEやメールでの相談も可能です。

埼玉でおすすめの洋服お直し7選!比較表

イメージ
会社名CoCoton(ココン)マジックミシンお直しラボビック・ママ銀の糸ママのリフォームおしゃれ工房
特徴ネットで洋服のお直し&プチリメイク!メニューにないお直しも相談できる洋服〜バッグ・靴・小物まで幅広く対応!リメイクではお得なセットコースがある全国の百貨店に店舗を展開!ネットでお直しを依頼することも可能来店不要!オンラインでお店と同じ洋服お直しサービスが受けられるお見積もり無料!衣類品ほか、レザー服の丈つめ、バッグの修理にも対応しているお直しメニューが充実!衣類のお直しから革製品・財布のリカラーまで対応サスティナブル・ファッションを応援!通販で買った洋服のお直しもできる
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

【エリア別】埼玉の洋服お直しサービス3選

【PR】丁寧に対応してくれるお直し屋の特徴とは?