洋服のお直しは難しい?簡単な方法でできるお直しテクニック

公開日:2024/04/15
洋服のお直しは難しい?簡単な方法でできるお直しテクニック

自分で洋服のお直しをしたいけれど、自宅でできるか分からないとお悩みではありませんか。自分で直せるかプロに依頼するかの判断も難しいですよね。そこで本記事ではそんなお悩みを払拭すべく、洋服お直しの簡単なテクニックについて紹介します。この記事を最後までお読みいただき、大切な洋服の長持ちにお役立てください。

自宅やDIYで洋服お直しはできる?

洋服のお直しは、すべてプロに依頼しなければいけないわけではなく、自分でできることもあります。ここでは、自宅やDIYでできる洋服のお直しについて紹介します。

パンツの裾直し・スカートの丈直しは自分でできる

自分でできる洋服のお直しは限られるものの、以下の作業なら、自分で行うことも可能です。

・パンツの裾直し

パンツを履いて、靴も一緒に履き、鏡の前に立ちましょう。余った裾を内側に折り曲げて、マチ針を4本程度打ちます。丈の長さを決めたら、裾から何センチのところで裾上げすればいいか測ります。裾上げの長さが決まったら、余った縫いしろを内側に折り曲げ、三つ折りしましょう。三つ折りにした縫いしろの裏側から針を入れます。

折り目の上部のきわを1ミリ程度すくい、三つ折りの裏側から針を出し、次に折り目のきわを1ミリ程度すくい裏側から針を出します。この工程を繰り返し、最後に玉結びして完成です。なるべく1本の糸で均等に縫い進めると、綺麗に仕上がります。

・スカートの丈直し

スカートの丈直しの方法は、パンツの裾直しの方法とほぼ同じです。スカートの場合には、スカートを履いて床から丈を測ります。床から測るため、1人では難しい作業です。スカートの前、脇、後ろのどこから測っても床からの長さが同じになるように折り上げます。スカートも基本的には、パンツと同じ三つ折りで仕上げます。

自分でできないお直し

袖や脇、肩幅やウエストを大きくするといった、洋服を大きくする目的のお直しは、自分でやるのはむずかしいでしょう。プロに依頼したとしても、洋服を大きくするには、それなりの縫い代の幅が必要になるため、できない場合が多いと考えた方が無難でしょう。

DIYで活用できるお直しテクニック

不意にボタンが取れてしまったり、パンツの裾がほどけてしまったりした場合など、DIYでできるお直しテクニックを知っていると、自分で気軽にお直しできます。ここでは、そのテクニックをいくつか紹介します。

お直しに必要な道具

DIYでのお直しに必要な道具は、手縫い針・マチ針・糸・はさみの4点です。手縫い針は自宅にあるものでOKです。マチ針は布のズレ防止に使います。糸は一般的なミシン糸で、白・黒・紺・茶などのベーシックカラーを用意しておけば大丈夫です。はさみは刃先がしっかりかみ合い、切れ味の良いものを用意しましょう。

お直しにベストな糸の長さ

糸は、短くて足りなくなるという理由で長く切ってしまうと、絡みの原因になってしまいます。一般的に、糸の長さは指先から肘くらいまでの長さが、ちょうどいいとされています。これ以上の長さだと糸が絡みやすくなるため、注意が必要です。

ボタンの基本的な付け方

まずは、4つのボタン穴と同じ位置にペンで印を付け、印の中央に針を刺します。次に、針を糸と糸の間にくぐらせ、針を引き上げて玉結びで固定します。ボタン穴に糸を対角線上に通し、ペンで付けた印に対して表面からすくうように針を刺し、糸を通すイメージです。布とボタンの間に指1本が入るくらいのゆとりを持たせ、糸足の土台を作ります。

布とボタンに糸を通す工程を2回程度繰り返し、糸足に5回ほど糸を巻きつけます。糸足に針を刺し、糸足の根元で玉結びを作り、もう1回糸足へ針を刺し、糸を切って完成です。

自分でできるか判断するポイントとプロへの依頼時のアドバイス

ここまでは、自分でできるお直し方法や、そのために必要なテクニックを紹介してきました。ここからは、自分ですべきか、プロに依頼すべきかを判断するポイントを紹介します。

自分でお直しするのが難しいときには

取れてしまったボタン付けくらいであれば、自分でできるという方も多いでしょう。しかし、裾上げするのは難しい、客商売などの人前に出る仕事のため綺麗な仕上がりにしたいといった場合には、プロに依頼するのがおすすめです。洋服のお直し専門店は、一番手っ取り早く確実です。

また、洋服のお直しサービスをやっているクリーニング店もあり、丁寧な対応が受けられます。衣類を購入した店に、裾上げなどを依頼するという手もあります。作業が複雑であったり、難しい部分であっても、プロに腕による段違いの仕上がりが期待できます。自分にとって本当に大切な洋服であれば、お直しはプロに依頼するのが賢明しょう。

まとめ

今回は、洋服のお直しが簡単にできるテクニックについて解説しました。洋服のお直しは、パンツやスカートの裾直し程度であれば、自分でお直しすることが可能です。また、DIYでのお直しでは、事前に手縫い針・マチ針・糸・はさみの4点を用意しておきましょう。糸の長さは指先から肘くらいまでの長さがちょうどいいとされています。

さらに、自分ですべきかプロに依頼すべきか判断するポイントとして、裾上げするのは難しい、綺麗な仕上がりにしたいなどと考える場合にはプロに依頼するのがおすすめです。手法が複雑であったり、難しい部分でも、プロに依頼することで確実な仕上がりが期待できます。洋服のお直しでお困りであれば、ぜひこの記事にある内容を参考にしてください。まずは気軽にDIYにチャレンジしてみてください。

迷った方にはこの洋服お直し屋がおすすめ!

CoCoton(ココン)

CoCoton(ココン)

CoCoton(ココン)は、宅配サービスと24時間利用可能な店舗ポストがあるので、いつでもどこでも依頼ができます。他店で断られた修理や特殊なリクエストにも対応可能。料金は明確で、一般的な修正から破れ直し、パーツ交換まで幅広く対応。リメイクオーダーも受付中。LINEやメールでの相談も可能です。

埼玉でおすすめの洋服お直し7選!比較表

イメージ
会社名CoCoton(ココン)マジックミシンお直しラボビック・ママ銀の糸ママのリフォームおしゃれ工房
特徴ネットで洋服のお直し&プチリメイク!メニューにないお直しも相談できる洋服〜バッグ・靴・小物まで幅広く対応!リメイクではお得なセットコースがある全国の百貨店に店舗を展開!ネットでお直しを依頼することも可能来店不要!オンラインでお店と同じ洋服お直しサービスが受けられるお見積もり無料!衣類品ほか、レザー服の丈つめ、バッグの修理にも対応しているお直しメニューが充実!衣類のお直しから革製品・財布のリカラーまで対応サスティナブル・ファッションを応援!通販で買った洋服のお直しもできる
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

【エリア別】埼玉の洋服お直しサービス3選

【PR】丁寧に対応してくれるお直し屋の特徴とは?