裾上げの種類と安く抑えるコツを解説

公開日:2024/01/15
裾上げの種類と安く抑えるコツを解説

洋服のフィット感を左右する重要な要素のひとつが裾上げです。特にパンツの場合、裾上げは見た目の印象を大きく変えるため、その種類やコストを理解することが重要です。この記事では、裾上げの種類とその費用を抑える方法、さらにはDIYとプロの仕上がりを比較して、最適な選択をするための情報を提供します。

裾上げの種類

裾上げにはさまざまな方法があります。一般的なものには、シングル折り返し、ダブル折り返し、オリジナルヘム、ブラインドヘムなどがあります。シングル折り返しは最もシンプルで、裾を一回折り返して縫う方法です。ダブル折り返しは、よりしっかりとした印象を与えるために裾を二回折り返して縫います。

オリジナルヘムは、元の裾のデザインを保持しながら長さを調整する方法で、特にジーンズに適しています。ブラインドヘムは、縫い目が外から見えにくいため、フォーマルなパンツに適しています。パンツの裾上げには他にもさまざまな種類があります。

例えば、「三つ折り(ジーンズ)仕上げ」は、デニムパンツやチノパンなどのカジュアルなパンツに多く見られる方法です。この方法では、裾を二回折り返してミシンで縫い付けます。特にデニムパンツの裾に多く、洋服お直し店では「ジーンズ仕上げ」とも呼ばれています。

これらの裾上げ方法は、パンツの種類やデザイン、お客様の好みに応じて選ぶことができます。

また、料金はお直し店によって異なるため、具体的な料金は店舗で確認することが重要です。自分で裾上げを行うことも可能ですが、加工が簡単なパンツと難しいパンツがあるため、判断に悩む場合は専門家に相談することをおすすめします。

裾上げの費用を抑える方法には、さらにいくつかのポイントがあります。これらを活用することで、洋服のメンテナンスをより経済的に行うことが可能です。

裾上げの費用を抑える方法

裾上げの費用を抑えるには、以下のような方法が有効です。

シーズンオフの利用

お直し店によっては、シーズンオフに割引サービスを行っていることがあります。特に冬物や夏物などの季節ものの裾上げをシーズンオフに依頼することで、通常よりもお得にサービスを受けることができます。

自分で裾上げをする

簡単な裾上げであれば、自分で行うことも一つの方法です。裾上げテープを使用すれば、縫うことなく裾上げが可能です。

ただし、仕上がりの品質や耐久性には限界があるため、カジュアルな服装に適しています。これらの方法を組み合わせることで、裾上げの費用を効果的に抑えることができます。自分のライフスタイルや予算に合わせて、最適な方法を選択しましょう。

DIYとプロ、任せるならどっちがおすすめ?

裾上げを自分で行うDIYと、プロに任せる方法にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

DIYのメリット

DIYで裾上げを行う最大のメリットは、コスト削減です。特に、基本的な裾上げ技術を身につけていれば、簡単なパンツの裾上げは自宅で手軽に行うことができます。また、自分で裾上げを行うことで、自分の好みや必要に応じて細かい調整が可能になります。

DIYのデメリット

一方で、DIYのデメリットとしては、技術や経験が不足していると、仕上がりの品質が低下する可能性があります。また、特殊なデザインや素材のパンツの場合、適切な方法で裾上げを行うのが難しい場合もあります。

プロのメリット

プロに裾上げを依頼する場合のメリットは、何と言ってもその品質の高さです。プロの技術により、きれいで丈夫な仕上がりが期待できます。また、特殊なデザインや素材のパンツでも、適切な方法で裾上げを行ってくれるでしょう。

プロのデメリット

デメリットとしては、当然ながら費用がかかることです。特に、高品質な仕上がりを求める場合や、特殊なデザインの裾上げを依頼する場合、その費用はさらに高くなる可能性があります。

どっちがおすすめ?

結局のところ、DIYとプロのどちらに裾上げを任せるかは、個々の状況やニーズによって異なります。コストを抑えたい、自分で裾上げを行う技術を身につけたいという場合はDIYが適しています。

一方で、品質を重視する、特殊なデザインや素材のパンツの裾上げを依頼したい場合は、プロに任せるのが良いでしょう。どちらの方法も一長一短があり、それぞれのメリットとデメリットを理解した上で選択することが重要です。

まとめ

裾上げはパンツの見た目に大きな影響を与える重要な要素です。主な方法にはシングル折り返し、ダブル折り返し、オリジナルヘム、ブラインドヘムなどがあり、それぞれに適したパンツの種類があります。

費用を抑える方法として、シーズンオフの利用や自分での裾上げがありますが、品質や耐久性を考慮する必要があります。DIYとプロの仕上がりにはメリットとデメリットがあり、選択は個々の状況やニーズによって異なります。品質を重視する場合はプロに任せるのが良いでしょう。

迷った方にはこの洋服お直し屋がおすすめ!

CoCoton(ココン)

CoCoton(ココン)

CoCoton(ココン)は、宅配サービスと24時間利用可能な店舗ポストがあるので、いつでもどこでも依頼ができます。他店で断られた修理や特殊なリクエストにも対応可能。料金は明確で、一般的な修正から破れ直し、パーツ交換まで幅広く対応。リメイクオーダーも受付中。LINEやメールでの相談も可能です。

埼玉でおすすめの洋服お直し7選!比較表

イメージ
会社名CoCoton(ココン)マジックミシンお直しラボビック・ママ銀の糸ママのリフォームおしゃれ工房
特徴ネットで洋服のお直し&プチリメイク!メニューにないお直しも相談できる洋服〜バッグ・靴・小物まで幅広く対応!リメイクではお得なセットコースがある全国の百貨店に店舗を展開!ネットでお直しを依頼することも可能来店不要!オンラインでお店と同じ洋服お直しサービスが受けられるお見積もり無料!衣類品ほか、レザー服の丈つめ、バッグの修理にも対応しているお直しメニューが充実!衣類のお直しから革製品・財布のリカラーまで対応サスティナブル・ファッションを応援!通販で買った洋服のお直しもできる
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

【エリア別】埼玉の洋服お直しサービス3選

【PR】丁寧に対応してくれるお直し屋の特徴とは?